FC2ブログ

変態

fc2blog_2018092602213381b.jpg

fc2blog_20180926022112259.jpg

上半身を縄で拘束すると縄が食い込み彼の乳首がむき出しの状態になる。
拘束により身動き出来ないうえにそんな姿になれば惨めな思いに曝されていく。
しかしそれが羞恥となり、性的興奮になっていく。

動けない状態で乳首やペニス、アナルに悪戯され気持ち良くなってしまえば、
更に辱められる。
そしてもっと興奮してしまうのがマゾなんでしょうね。

四つん這いになれば肛門が丸見えになり、それを見られてまた興奮してしまう。

見られてる事に興奮し、身体を弄られ気持ち良くなり興奮して更にブーツを履いている
脚と私の肛門を見て彼はペニスを夢中で扱き続けていた。

変態ね。。


スポンサーサイト
[PR]

[PR]

屈辱責め

fc2blog_20180905204135a70.jpg
fc2blog_20180907001116b0f.jpg
屈辱感に興奮するなんてオマエは本当にマゾだね。
どうしようもない変態と馬鹿にされたくてこんな卑猥な下着を着けてくるマゾ。
どれだけそんな変態マゾを見てきただろうか。。
たくさんのそんな変態マゾを見てきても慣れることはなく心の底から軽蔑し呆れて馬鹿にしてやりたくなるわ。
そんな感情を露わにした表情で見られる程、彼は目を泳がせながら興奮して勃起し、お汁を出している。
そんな風に扱われると人はちっぽけな人格にまで落ちていき、心までマゾになって弱者となり、自分の意思すら無くなり、強者に従う事を求める。
そして彼は私に弄ばれ快感を得て楽しむのだ。
卑猥なランジェリーを身につけた姿の彼に手枷を付けて更にマゾらしさを引き出した。
私は彼の乳首を弄りまくり快楽で善がらせ、そんな姿を晒している彼を言葉で詰る。
そっと触れるだけでも声が出てしまう乳首なのにほんの数秒抓ってみたりして、少し手荒な事をしたと思いきや、その後乳首を指で摘むと、拘束された両手を不自由そうに激しく動かしながら感じていたわ。
今度は彼を四つん這いにさせると両手を拘束されている身体は必然的にお尻を突き出した状態になり、恥ずかしい姿になっていた。
彼が穿いている卑猥なランジェリーの下はきっともっと卑猥になっているだろう。
私はランジェリーをずらして彼の拡がったアナルを晒し、その姿をけなした。
そして、その無防備な肛門に浣腸器を差して、お湯を注入していった。
そんな姿で浣腸されて屈辱的だったからしら。。
それがオマエにとって興奮してしまうなら何よりね。
浣腸して綺麗にしたのはいいけど、彼はアナルで感じないらしい。
だが、感じないアナルだが犯される願望がある。それも屈辱感を求めているのだろう。
だから本物のペニスで犯される事を願っている。

誰かこのアナルにペニスを入れたい変態マゾはいないかしら。。
もしいたならアナル3Pで遊んでみたいものね。