FC2ブログ

卑猥な強制尿検


ストーリープレイ

強制尿検を受ける彼は女性捜査官にカテーテルを挿入させられる。

カテーテルを挿入された彼のペニスは何故か反応してしまった。

「こんな管入れられてるのになんでオチン○ンが大きくなるのかしらね。」

「なんだか気持ち良くて、、もっと奥までいれて下さい。」

「卑猥なオチン○ンね。もっと奥まで入れていくわよ。」

彼は尿道を擦れていく管の刺激に耐えれずに変態な姿を晒してしまい、そして自分の乳首を弄りだしてしまった。

「尿道気持ちいいのかしら。。全身がいやらしくなっちゃって、君って変態ね。」

管が全て挿入されて間もなく管から彼の尿が溢れてきた。

「君が言うこと聞かないから尿を強制的に出してあげたのよ。なのにこんなにも出ちゃってるじゃない。」

「やめて下さい。」

「止めて欲しいの。いいわよ。」

捜査官はカテーテルのバルーンに空気を入れて膨らまし膀胱を圧迫させた。

彼の尿は止まってしまったけど今度は激しい尿意に襲われてくる。

「お願いです。やっぱり出さして下さい。」

「もう、我慢できないのかしら。。」

彼が我慢して苦しむ表情を眺め満足した捜査官は、空気を抜いた。そして管からは再び尿がでてきた。

彼は管から尿を放出しながら、管と尿道の間からは沢山の卑猥な汁が溢れていたのだ。



我慢できなくて残念だったわね。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

変態

fc2blog_2018092602213381b.jpg

fc2blog_20180926022112259.jpg

上半身を縄で拘束すると縄が食い込み彼の乳首がむき出しの状態になる。
拘束により身動き出来ないうえにそんな姿になれば惨めな思いに曝されていく。
しかしそれが羞恥となり、性的興奮になっていく。

動けない状態で乳首やペニス、アナルに悪戯され気持ち良くなってしまえば、
更に辱められる。
そしてもっと興奮してしまうのがマゾなんでしょうね。

四つん這いになれば肛門が丸見えになり、それを見られてまた興奮してしまう。

見られてる事に興奮し、身体を弄られ気持ち良くなり興奮して更にブーツを履いている
脚と私の肛門を見て彼はペニスを夢中で扱き続けていた。

変態ね。。


浣腸プレイ

fc2blog_20180907201345f47.jpg

fc2blog_201809072013435dd.jpg

紹介状を持ってやってきた患者は以前私に酷い事をした男だった。
私は診察するふりして彼を辱める為、四つん這いにしてお尻を突き出した姿にさせた。
彼は肛門が丸見えの状態の姿になり、私にじっくりと眺められて恥ずかしがってる。
その姿のまま彼に浣腸をしていく。
お湯を浣腸されていく彼は次第にお腹が苦しくなるが私は少し我慢させた。

彼は浣腸されたお湯を出しに行く事ができ、お腹も楽になったと思いきや、
今度はケチャップを肛門に入れられ、更にストッキングに入れた丸こんにゃくを挿入された。

私はこうして復讐して彼を弄んだ。

肛門からたくさんの異物を入れられた彼は再び苦しくなり、私は彼をお風呂場に連れて行き
目の前で肛門から噴き出す様子を披露させた。

我慢ができなくなった肛門はヒクヒクし出す。
そして肛門からはみ出したストッキングを引っ張ってみると、
こんにゃくが亀の産卵の様にでできて、それからケチャップを勢いよく噴き出した。

今度はマヨネーズを肛門に注入し、バナナで栓をする様に挿入した。
そして暫くすると彼の肛門から便の様にバナナが出し、その後マヨネーズが勢いよく噴射された。

まるで便を我慢できずに漏らしてしまったかの様な姿に私は嘲笑って彼を羞恥に追いやった。


そんなストーリープレイと共に彼と浣腸プレイを楽しんだわ。






撮影終了



SMQRの動画撮影が終わり、やっと落ち着きました。
10月に配信される予定なので完成が楽しみです。
今回出演された男優さん、現場の方々、ありがとうございました。

男優募集

fc2blog_20180909004012f5b.jpg

SMQRから動画配信する事になり男優募集しています。
男優希望の方はClubロゼの方にご連絡下さい。

因みに撮影予定日は近日中の平日となります。

メールからの問い合わせ

Clubロゼ ☎︎ 052 261 8989

屈辱責め

fc2blog_20180905204135a70.jpg
fc2blog_20180907001116b0f.jpg
屈辱感に興奮するなんてオマエは本当にマゾだね。
どうしようもない変態と馬鹿にされたくてこんな卑猥な下着を着けてくるマゾ。
どれだけそんな変態マゾを見てきただろうか。。
たくさんのそんな変態マゾを見てきても慣れることはなく心の底から軽蔑し呆れて馬鹿にしてやりたくなるわ。
そんな感情を露わにした表情で見られる程、彼は目を泳がせながら興奮して勃起し、お汁を出している。
そんな風に扱われると人はちっぽけな人格にまで落ちていき、心までマゾになって弱者となり、自分の意思すら無くなり、強者に従う事を求める。
そして彼は私に弄ばれ快感を得て楽しむのだ。
卑猥なランジェリーを身につけた姿の彼に手枷を付けて更にマゾらしさを引き出した。
私は彼の乳首を弄りまくり快楽で善がらせ、そんな姿を晒している彼を言葉で詰る。
そっと触れるだけでも声が出てしまう乳首なのにほんの数秒抓ってみたりして、少し手荒な事をしたと思いきや、その後乳首を指で摘むと、拘束された両手を不自由そうに激しく動かしながら感じていたわ。
今度は彼を四つん這いにさせると両手を拘束されている身体は必然的にお尻を突き出した状態になり、恥ずかしい姿になっていた。
彼が穿いている卑猥なランジェリーの下はきっともっと卑猥になっているだろう。
私はランジェリーをずらして彼の拡がったアナルを晒し、その姿をけなした。
そして、その無防備な肛門に浣腸器を差して、お湯を注入していった。
そんな姿で浣腸されて屈辱的だったからしら。。
それがオマエにとって興奮してしまうなら何よりね。
浣腸して綺麗にしたのはいいけど、彼はアナルで感じないらしい。
だが、感じないアナルだが犯される願望がある。それも屈辱感を求めているのだろう。
だから本物のペニスで犯される事を願っている。

誰かこのアナルにペニスを入れたい変態マゾはいないかしら。。
もしいたならアナル3Pで遊んでみたいものね。

調教

fc2blog_20180905204131f62.jpg

彼は支配される事を自ら望む姿勢をとり私の足下に膝まづいてプレイ前の挨拶をした。

私はその挨拶を受け入れ彼の身体を乗馬鞭でなぞり官能的な時間をスタートさせた。

乗馬鞭でなぞられる身体の刺激と私の声は彼の脳を興奮させ、どんどんSMの世界へと
引き込んでいく。

彼は地べたに顔を付け、目の前にある私の脚の指を喰らい付くように見ていたのでキスを許した。

全ての指にキスをさせ、ふくらはぎ、膝、腿へとキスをさせ匂いを嗅がせる。

しかし、それ以上は私の調教を頑張った後にとっておいた。

狭い空間で一本鞭で遊べないないならケインを使えば問題ない。

彼を四つん這いにさせ彼の身体に寄り添いながら私はケインで優しくお尻をなぞり叩いて彼の反応を
楽しむ。

そしてまた優しくお尻をなぞり、一発お尻を叩き彼の痛がる様子を見て楽しんだ。

何度か叩いていく内にケインの筋がお尻に残ると彼は喜んで受け入れた。

鋭いケインの痛みとどれだけ叩かれるかの恐怖心を感じながら私の調教を受け入れたご褒美に
彼の乳首を敏感にさせた後に私の舌でたっぷりと愛撫して軽く噛んで気持ちよくしてあげた。

次は彼の尿道に私の小指を挿入して拡張してみる。

小指の爪のあたりまで入っていき、第一関節まではあと一歩だったわね。

彼は私の身体の一部と繋がる事が出来き、悦びに慕った。

忠実に従い調教にも耐えたご褒美に私は彼の前で局部を晒し、匂いを嗅がせてやった。

そして自慰行為を私の前で披露させ彼の頭は興奮で真っ白になる。

脳でイッてしまった彼に追い討ちをかけるように私は変わって彼のペニスを扱いた。

彼がくすぐったくなるまで。。



誰でも同じ事をすればこのように興奮して脳の快感を得られる訳ではありません。

いかにプレイに陶酔して身を委ねて感じるかは相手との信頼関係を築き解放できるかでしょう。